いつまでも若くいたいなら若返り効果のある化粧品を使ってみよう

女性

予防することが大切

妊婦のお腹

妊娠線ができる要因は様々ですが、ある程度は自分自身のコントロールによって、予防することが可能です。誰でもできる予防方法にはクリームを塗布することです。乾燥も妊娠線の原因になるため、妊娠初期からこまめにクリームを塗布することが大切です。

もっと読む

今話題の化粧品

ファンデーション

ファンデーションはその種類も様々です。季節や肌の状況などによって使い分けることができます。それぞれに特徴がありますが、デメリットもあります。エアーファンデーションは今話題のファンデーションです。仕上がりが最も美しいのです。

もっと読む

老化防止に適した成分

手

抗酸化力で老化を防ぐ成分

30歳を超えると次第にシワやシミが出やすくなります。肌のハリも衰え始め、毛穴が広がってきます。それを防ぐには今まで使っていた化粧品を見直すことが必要です。今はアンチエイジングについての研究が進んでおり、化粧品でも若返りのための成分が配合された商品があります。そのような化粧品に変えることでアンチエイジング効果を得ることができます。例えばアスタキサンチンという成分は抗酸化力が強いので、肌の老化を防いで若返り効果があります。基礎化粧品の多くに含まれている成分です。またお肌にはビタミンC誘導体という成分は肌の中のコラーゲンの生成を促進する効果があります。その他にもセラミドという保湿力を高める成分が配合された化粧品も若返りには必要です。

ハリと保湿を高める成分

老化を感じさせるのは顔にできるシワやシミ、たるみなどです。これらは年齢と共にできてきますが、早めにケアをすれば抑えることができます。原因は肌の中に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸の減少です。それを防ぐのがビタミンC誘導体やセラミドなどの成分なのです。ビタミンCはお肌の若返りに効果があると知られていますが、そのままでは肌の中に浸透できない性質があるのです。そのためビタミンC誘導体という浸透しやすい組織にしているわけです。セラミドと一緒に含まれている化粧水や美容液を使うと、肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことができます。最近の美容液にはジェルタイプの製品があるので、それを使うと肌への効果がより持続します。

健康的で美しい肌を目指す

美容クリーム

肌質は一人ひとりが異なるため、化粧品を使用する際には自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。敏感肌の場合、化粧品に配合されている成分が刺激となってしまうこともあります。まずは自分の肌質を知り、それに合った化粧品を見つけましょう。

もっと読む